\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

ラズパイ4にGooglePlayストアも使えるAndroid13をインストール

AndroidはOSS(オープンソースソフトウェア)で、armに対応しているからRaspberry Pi と相性が良いのは、ラズパイダでもAndroid 11のカスタムROMを試しています。

今度はAndroid 13です。また少し違う方が作ったカスタムROMでしたが、これも快適に動きました。

アプリをインストールできるGooglePlayストアを使えるようにプログラムを充てれば、Raspberry Pi 4の性能なら快適に動作します。

Raspberry Pi 4に導入するポイントだけお伝えします。

Android13はカスタムROMです。何もGoogleの保証はありません。

この記事の主な流れ

環境と事前準備

https://konstakang.com/devices/rpi4/AOSP13/

基本はAOSP (Android 13)for Raspberry Pi 4のサイトに書いてある導入説明の通りです。

  • Raspberry Pi 4 メモリー4GBモデル(またはRaspberry Pi 400)
  • microSDカード (32GB〜)
  • USBメモリー(パッチプログラムの保存場所)
  • マウス&キーボード

USBメモリーとSSDドライブの場合

今回はmicroSDカードに書き込みました。

これをUSBメモリーまたはSSDドライブに書き込む場合、カスタムROMを書き込んだ後、/boot/config.txtの記述を変更しないとなりません。

#dtoverlay=android-sdcard
dtoverlay=android-usb

デフォルトでは逆になっています。コメントアウトを書き換えてから起動してください。

ちなみに、microSDカードでも通常使用の速度は全く不満はありませんでした。ゲームをするのはSSDドライブ起動ならゲームジャンルによっては快適に動作します。

必要なファイルのダウンロード先URL一覧

Android13のカスタムROMの他に、GooglePlayストアを使えるようにするためのプログラムやファイルが必要です。

少し設定はややこしいとは思います。そもそもAndroidに慣れていなかったので操作の方が大変だった?!

必要なファイルはOSイメージファイルを含めて3つ

  1. Android13カスタムROM(AOSP) → https://konstakang.com/devices/rpi4/AOSP13/
  2. GApps-13.0-arm64 → https://sourceforge.net/projects/litegapps/files/litegapps/arm64/33/lite/v2.6/
  3. APKPure → https://m.apkpure.com/jp/apkpure/com.apkpure.aegon/download
  4. APKPureからFirefoxとDevice IDアプリをインストール

USBメモリーからインストールしたのは、1〜3のファイルです。4はAndroidの画面からインストール処理します。

記事執筆時点で使用したバージョン

  • AOSP13-20220907-KonstaKANG-rpi4.zip
  • [RECOVERY]LiteGapps_arm64_13.0_v2.6_official.zip
  • APKPure_v3.18.29_apkpure.com.apk

Android13カスタムROMイメージファイルは、Raspberry Pi ImagerでmicroSDカードへ書き込んでおきます。その他2つはダウンロードしてからUSBメモリーにコピーしておきます。

途中、Googleサービスフレームワーク(GFS)にデバイスを登録するためAndroid IDを送信します。有効なGoogleアカウントが必要になります。

デバイスIDを入力して登録するWebサイト

なお、Magiskのファイルはroot化するものらしいので、Playストアを導入するのに必須ではありません。

参考になるYoutube動画

Android13カスタムROMの動画は既に多くありました。中でも「Raspberry Pi 4: Android 13 + Google Playstore のインストール」が参考になりました。

実際に試したところ、ほぼ動画の手順通りでした。公式サイトの文章より動画の方がやはり分かりやすいですね。

ただ、途中に行うGooglePlayアプリの無効と有効作業で、一度再起動しないとGSFの番号が振られませんでした。——もしかしたら少し間を空けないとダメだったのかも知れません。

他はほぼこの動画通りでできました。

動画によって手順が異なったり、インストールするアプリが異なっています。どれもやっていることは同じです。

上手く行ったあと、Microsoft Edgeをデフォルトブラウザにしてみました。Firefoxよりサクサクと動きます。

導入ポイント1

導入には少しややこしい部分があります。ポイントとして、いくか挙げておきます。

gpartedで事前にユーザー領域を広げておけば、別のアプリとAndroid画面での操作が減ります。

先の動画ではリサイズするアプリもインストールしていました。それでも良いのですが、パーティションツールソフトで事前に拡張しておくのも手です。

Windowsユーザーなら「gparted」、Raspberry Pi OSがなら、aptコマンドでインストールできます。私はMacなので動きませんから、Raspberry Pi 4でgpartedを使いました。

別のRaspberry Pi 4で起動したgparted

導入ポイント2

ダウンロードする3つのファイルの対応バージョンを合わせることも重要になります。

ここに記載したバージョンで試して上手くいきました。この辺は調べるのも大変なので、もしも上手くいかない場合はバージョン違いかも知れません。

導入ポイント3

Wi-Fiの設定は動画の通りで、起動した直後にやる必要はありません。先に設定しても、一度Recoveryをかけてファイルを適用する関係で、元に戻ります。

特に日本語の設定をしたいところですが、これも元に戻ってしまうので、すべて適用してから行うと手間は減ります。

もちろん、やっても構いませんが、もう一度やることになります。

導入ポイント4

私はAndroidのスマホは持っていませんので詳しくは分かりませんが、スマホと同じGoogleアカウントを利用すれば、iPhone同様に同期されていると思います。

Androidスマホとの関係に不都合があるなら気をつけてください。

私はAndroidスマホと紐付けていないGoogleアカウントで設定しました。(今は持っていないから紐付けがそもそもない)

新しくGoogleアカウントを準備するのは少し面倒ではありますね。

GooglePlayストアがRaspberry Pi 4で動作する

デバイス情報をAIDA64で表示

そもそもCPUアーキテクチャArmも対応しているAndroidですから、Raspberry Pi 4との相性は抜群です。以前にお伝えしましたが、公式のRaspberry Pi OSより快適なんじゃないかと思っています。

タッチパネルのモニターがあれば、もうAndroidタブレットです。HDMIで接続するタッチモニターが欲しくなりますね。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる

GooglePlayストアを有効にするため、GoogleサービスフレームワークにデバイスIDを登録する箇所は少し不安になる人もいるでしょう。開発者として登録する形式になります。かといって、何か請求されるわけではありません。有効なGoogleアカウントがあれば登録できます。

ただ、今後サービスの変更なども考えられますので、恒久的に使う用途ではない方が無難でしょう。

賢い使い方は、Raspberry Pi + Android13で使いたいアプリを全てダウンロードして、その後にサービスの解除とプログラムのアンインストールをすることでしょうか。

どこのサイトや動画にも書いてあるように、カスタムROMの導入は、あくまでも自分のアカウントの自己責任で実行してください。


ラズパイ4+Android13+Edgeのラズパイダ

GoogleアカウントがあればRaspberry Pi 4でAndroid13(カスタム)が試せます。

過去にAndroid11カスタムROMも試しました。このときはGooglePlayストアは使っていません。公式いストアが使えると一気に使い勝手が広がります。しばらく使っていると、Raspberry Pi 4で動いているとは思えなくなります。

Androidスマホを使っている人は、慣れているアプリが使えるのでRaspberry Pi 4の実用度がアップすると思います。

Raspberry Pi 4が手に入らないなら、まだ在庫があることが多いRaspberry Pi 400でも同様に試せます。また、カスタムROMのサイトには、Raspberry Pi 4はメモリー2GBモデルでも動作するとあります。

ラズパイ4とAndroid OSは本当に相性が良いみたいで、今回も気持ちよく操作できました。トライしてみてください。

シェアする
  • URLをコピーしました!

Raspberry Pi 4、400、Zero2W

販売価格は、必ず販売サイトで確認してください。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
RaspberryPi
¥15,987 (2022/11/29 14:24時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる

この記事のコメント(承認後に公開)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。名前は表示されます。メールアドレスは表示されません。

CAPTCHA

この記事の主な流れ