作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

アマゾンのセールは事前に価格を知っておこう!

アマゾンタイムセール祭り10月 ノウハウ(know-how)
Raspberry Pi 何ができる

今月も明日31日からアマゾンで80時間のセールが開催されます。もう毎月の恒例となりました。今年に入ってから不定期だったものが定期的に行われ、月末日から月初にかけて数日のセールが定着しました。

このアマゾンのセールはラズパイで楽しんでいる人にも安く手に入れるチャンスなんです。恐らく、相当数が売れているのでしょう。特に目玉の商品ではなくても、通常よりかなりの割引になる商品もあります。

タイムセール祭り初日の記事はこちらから

アマゾンのセールは事前に価格を知っておこう!
今月も明日31日からアマゾンで80時間のセールが開催されます。もう毎月の恒例となりました。今年に入ってから不定期だったものが定期的に行われ、月末日から月初にかけて数日のセールが定着しました。 こ...(続きを読む)

ただ、本当に安くなっているのかは、セール当日では分かりません。参考価格が表示されていればまだマシですが、それもなく価格だけだと、いつもよりもいくらぐらい値引きなのかは判断できないからです。

例えば、人気でラズパイダでもオススメのPhysical Computing Lab販売「Raspberry Pi3 Model B/B+ のケースセット」

こちらはセール前日でどちらも同価格で販売されています! これなら新しいB+の方がお得です。

 

raspberry pi3b

こちらは3B+です。

 

3B+とのセットで既に1,000円オフの14%割引中です。ノーマル3Bは6,080円が参考価格ですから、100円引きですね。

これが明日は一体いくらで販売されているのか、事前に調べないと分からない業者も居ます。このPhysical Computing Labは参考価格がきちんと表示されていますから安心です。

気をつけよう中華圏

中華系の業者は、事前に価格を極端につり上げて置いて、それを参考価格としていますね。これは推測ですけど、一定の期間の設定された直近の価格が参考価格になっていると思われます。そうするとどうなるかというと、例えば通常5000円の品を一定期間2万円近くで設定しておいて、セールになったら4,980円で販売しても、75%オフということになってしまいます。

 

時間があったら検索してみてください。5万とか3万とか、よく分からない製品の価格表示がありますよ! そして在庫切れや数量残り1で出ています。卑劣な手ですね。

 

アマゾンは相当数の業者も参加していますから、こういった仕組みを利用されているのも事実です。もちろん対策しているのでしょうけど、イタチごっこですね。

 

それに世界の工場である中華圏でよく作られているのがラズパイ関連商品です。避けられませんから、情報は得ておきましょう。

事前の価格調査は大事

そういうことからも前日なり半月前とかに調べておくと惑わされません。もしくは、多少は高くでもPrime表示の商品を買うことです。強力なPrime保証がありますので、これも安心です。

もっというと、決まった業者さんからのみ買うことです。自分が買ったことあるなら実証済みですからね。

■押さえたいポイント

  1. Primeマークは付いているか?
  2. 過去に買った業者さんか?
  3. いつもの価格を知っているか?

クーポンならセール前

セールでは勝てない?と思った業者さんは、実はセール前にクーポンで割引していることが増えました!

セール期間は露出も多くなるので、それはそれで売れるでしょう。しかし、他にでっかい目玉商品に目が行きがちで、Raspberry Pi のようにマニアックな商品は目立ちません。これはジャンルがパソコン・周辺機器カテゴリーだからでしょう。

 

そのため、同じカテゴリーの目玉商品が出る前の時間にクーポンで割引しているところが見受けられます。これはクーポンではなく、販売価格を値引きで安くしてしまうと、セール期間中はそれが参考価格になってしまい、セールなのに割引率が小さいように表示されるからだと推測しています!

 

クーポン値引き

 

クーポンなら、参考価格には影響せず、長期間に渡って値引き販売できますからね!

画像の例は今日現在のものです。(ABOX Raspberry Pi 3 Model B+ 16Gキット

これはノーマル3Bですけどクーポン適用で丁度8,000円でプライム会員なら送料無料ですね。ただ、セットの内容がちょっと微妙ですが・・・。

 

従って、実は今日というセール前日までも安い商品はあるんですよ。そういうといつもお手頃価格のようになってしまうので、買い時を逃しますけど・・・。

定価や通常の販売価格を知ろう!

結局、買いたいラズパイ関連商品が、いつもいくらで手に入るのかを知っていることは大事です。

前述の人気のケースとセットの商品でクリアケースの場合は5,980円ですね。だから、これより値引きか、もしくは他の色が安くなっているのか、そういった判断もできます。

個人的にはセールの時にラズパイの中でも比較的に高価な部類を購入しています。ラズパイ本体やらケースやらですね。

 

あとは書籍です。技術書って高くて割引なんて日本ではありません。これはポイント狙いです!

ポイントが貯まりやすい状態なので、そのポイントで次回のセールに充てています。セコいですけど、そうすると安い部品なんて買えちゃいますからね。

 

こういったセコい?考えだけではなく、いくらぐらいで手に入るかは知っておいて損はありません。セット物の方が値引率も高くできるようなので、毎月いくつか狙っています。気をつけるのはその時だけセット内容が変わることもある?!ことです。

概ね最新のRaspberry Pi 3B+なら9,000円台後半で販売されていますから、9,000円を切ったら安いと思っています。もちろんセット内容にもよります。コンプリートキットとか、全部入りのお話です。

私はPhysical Computing Labの回し者ではありませんが、このセットが超絶に魅力的で人に勧められます。

  • Rapberry Pi 3 Model B+ (ボード本体)
  • 3ple Decker Piケースセット(ネジセット、スタックピンセット、GPIOシール付)
  • Heatsinkセット
  • RaspbianプリインストールMicro SDカード(Class10 16GB)
  • AC電源アダプター(スイッチ付きケーブル1.1m 直付タイプ 5V 3.0A(PSE取得済)

最初の1台のみならず、買い増すのにお世話になっています!やっぱりキーポイントは電源アダプターが5V3Aと、ケースが使いやすくカッコイイのが魅力的なんです。いったいどのくらい売っているんでしょう。ずっとベストセラーですよね。

最後に

初心者向けにももっと詳しく情報を載せていきたいと思っています! なにせ、このブログでもWi-Fi接続の記事が一番人気なので、もっと細かく詳しく載せないとダメだなーって反省しています。

■人気記事ベスト3

Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)
かんたんRetropieのセットアップ手順【Raspberry Pi Zero W/WH編】
Raspberry Pi で何が出来るの?素朴な疑問

Pimoroniでの海外購入や国内で送料払ってKSYやスイッチサイエンスで買うのがベターですけど、購入価格を考えると、やはりアマゾンが便利で早くて割安なんです。それもセールなら尚更です。

 

独自の商品でなければアマゾンで買うことは非常に多くなりました。Pimoroniだとまだ日本に未入荷の商品も多くあるので、相変わらず購入しています。ただ、届くまで時間がかかりますからねー。(約10日前後)

 

セールが始まるとなかなか見付けるのが難しいので、事前に欲しい物リストに追加しておくと便利ですよ。1ヶ月でもウォッチしていれば、価格帯も見えてきます。

明日のセールは毎月のことながら楽しみにしています!

タイムセール祭りは10月31日18:00スタート!〜11月4日1:59まで

こちらの記事もオススメです♪
ノウハウ(know-how)
この記事をシェアしたり自分用に保存してみる。
この記事を書いた人
ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

ラズパイダ——利用しているWEBサービス
ラズパイダ

コメント