ラズベリーパイの設定方法3つ、セットアップウィザードからraspi-configツール

ラズベリーパイを始めるときに設定をします。主に3通りの設定方法があります。初回のセットアップウィザード、ラズベリーパイの設定画面、そしてコマンドraspi-configです。

どれでも同じ設定できる項目もありますが、徐々に細かく設定するため分けて利用できます。

初めてならば、初回セットアップウィザードだけでもOKですよ。

順番にご紹介します。

Bullseyeバージョン下で記事執筆時点の画面と説明です。

目次

初回セットアップウィザード

OSのバージョンによって多少異なります。

アップデートされていきますから、数年前とはだいぶ異なっています。より親切になり、初めての人はこの設定だけでも十分に使うことができます。

Bullseyeバージョンから、日本語を選ぶと日本語入力ソフトも一緒にインストールしてくるようになったのは大きいかも。

Wi-Fiの設定、最初のアップデートも済ませられ、再起動後にすぐ使い始めることができます。

ラズベリーパイシステムの設定

初回セットアップウィザードが終わった段階で、もう少し設定したいなら、グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)で済ませられるラズベリーパイの設定から行えます。

Bullseyeの時点で、5つのタブに分けられています。

システムタブ

初回セットアップウィザードでパスワードは設定済みです。変更する際にここから行えます。

ホスト名はデフォルトで「raspberrypi」です。複数台あると見分けがつなかいですし、IPアドレスの代わりに設定したホスト名でアクセスもできるため、付けておくのはオススメです。

ブート以下の設定は、読んでそのままです。特に変更しなくても良いでしょう。

ディスプレイタブ

オーバースキャンは、初回セットアップウィザードで黒い枠が表示されるか?の選択により、オーバースキャンが有効になっている場合もあります。

ピクセルダブリングは、表示を倍にする表示かどうかの設定です。

Headless Resolutionはディスプレイに繋いでいない場合の画面解像度の設定です。VNCで接続した場合の解像度としてもいえます。

唯一、画面のブランクは、好みによって無効にしましょう。時間経過で暗転(ブランク)させず、ずっと表示させておきたい場合です。私はいつも無効にしています。

他はデフォルトのままでも支障ないですね。

インターフェイスタブ

初回セットアップウィザードでSSHを有効にした場合、ここでも有効の表示になっています。デフォルトではすべて無効です。

よく使うのは、SSHの他に、VNC、I2C

VNCビューワで他のマシンから操作したいなら、VNCを有効にします。

I2Cは、基板にあるGPIO端子に何かを接続して使うなら有効にする必要があります。(HAT、LEDなど)

冷却ファンなどの電源取得として、5Vや3.3VとGNDだけを使う場合は無効のままでOKです。現在は冷却ファンの場合、回転数の制御などでパフォーマンスタブに独立しています。

\【最大60%OFF】 Kindle本 目標応援セール/
Amazonで詳しくみる

SPIはGPIOより少ないピンを利用する際に使えます。

Bullseyeから、カメラ項目が無くなっています。これは、デフォルトでサポートされないため、コマンドraspi-configから有効にしないとならなくなりました。

パフォーマンスタブ

通常はイジる必要が無いタブです。

特にGPUメモリなどは電圧に依るため、設定を変えるのはオススメしません。公式から、いずれGPUメモリ変更オプションはなくなると示唆しています。

オーバーレイファイルシステムは、システムを読み込みだけで書き込めない状態にします。ちょっと特殊な使い方なので、一般的な利用では設定することも無さそうですね。

唯一、冷却ファンの制御に便利な項目があります。先程のように、Fan SHIMなどが分かりやすくて適しているでしょう。

ローカライゼーションタブ

初回セットアップウィザードで設定してあるため、敢えて変更する際に利用します。

キーボードを変更した場合など、でキーボードのレイアウト設定を変えるくらいでしょうか。

コマンドraspi-config

初回セットアップウィザードや、ラズベリーパイの設定で設定できない項目などは、ターミナルからコマンドraspi-configで使える設定画面があります。

sudo raspi-config

通常で有れば、特に設定することも少なくなってきました。数年前まで、この画面で設定することが多かったです。

コマンドインターフェース(CUI)では、GUIのラズベリーパイの設定が使えませんから、このraspi-configを使うことになります。

もちろん、通常のデスクトップ画面からでもターミナル内に表示されて使えます。

順番に見ていきましょう。

1 System Options(システムオプション)

モデルによってか?所々に欠番があるメニュー

選択して中に入ると、更にメニューで別れています。

  1. Wi-Fi
  2. オーディオ
  3. パスワード
  4. ホスト名
  5. ブート選択
  6. ブート時にネットワークを待つ有無
  7. スプラッシュスクリーンの有無
  8. 電源LEDの光り方を選ぶ

この中で、電源LEDの光り方だけはありませんでしたが、あとはすべてGUIのラズベリーパイの設定と同じです。

2 Display Options(ディスプレイオプション)

こちらも6つに分かれています。

  1. アンダースキャン
  2. ピクセルダブリング
  3. スクリーンブランキング
  4. VNCの解像度
  5. コンポジット

※D2〜D6になっています。

ここでも5つはラズベリーパイの設定と同じです。若干言葉が異なっていますが、内容は同じです。

唯一、コンポジット接続の設定があります。これもいずれは無くなる設定でしょう。Raspberry Pi 3Bの頃、コンポジットで古いテレビに繋いでみました。

ただ、専用のケーブルが必要です。恐らく自宅に転がっている代物ではありません。ご近所にも売っていない代物です。

Raspberry Pi 4の時代(HDMIで4K)であれば、元に戻すのにハマる人もいらっしゃるため、あまりオススメしません。

私は、アナログテレビを捨てる際、1台だけ程度が良いシャープ製のテレビにRaspberry Pi 3Bを繋いであります。小さくてアナログなので、他に使い道もなくRaspberry Pi 3Bがちょうどいい。

3 Interface Options(インターフェイスオプション)

こちらも8つに分かれています。

  1. Legacy Camera
  2. SSH
  3. VNC
  4. I2C
  5. Serial Port
  6. 1-Wire
  7. Remoto GPIO

メニューI2〜I8までは、GUIのラズベリーパイの設定と全く同じです。

カメラの有効/無効の設定が、Bullseyeからこちらに変更になりました。OSが前バージョンBuster同様に、Legacy(レガシー)としてカメラポートの有効をすることになりました。もうこれまでと同じようにはサポートされないからです。

Legacy OSのBusterであれば今まで通りです。

これまでのようなカメラを使う場合は、ここで有効にする必要があります。

\【最大60%OFF】 Kindle本 目標応援セール/
Amazonで詳しくみる

4 performance Options(パフォーマンスオプション)

こちらは4つ。

  1. オーバークロック
  2. GPUメモリー
  3. オーバーレイファイルシステム
  4. ファンの設定

P2〜P4はGUIのラズベリーパイの設定と同じです。

オーバークロックだけがここから設定できるようになっています。しかし、ここから設定できるのは、Raspberry Pi 1と2だけです。

5 Locaisation Options(ローカリゼーションオプション)

  1. ロケール
  2. タイムゾーン
  3. キーボード
  4. Wi-Fi

こちらはGUIのラズベリーパイの設定と全く一緒です。こちらは説明の必要が無いですね。

6 Advanced Options(アドバンスオプション)

こちらも欠番2があるA1〜A7の6つに分かれています。

  1. ファイルシステムの拡張
  2. コンポジット
  3. ネットワークインターフェイス名
  4. ネットワークプロキシ設定
  5. ブートオーダー(起動順)
  6. ブートローダーのバージョン

このメニュー内容だけは、GUIのラズベリーパイの設定にはありませんでした。

中でも、主にファイルシステムの拡張は使うことが多いかも知れません。

ユーザー領域が最小でセットアップされている場合、拡張することでmicroSDカードのフリー領域をユーザー領域の空き容量に割り当ててくれます。

また、USB接続のSSDドライブからOSを起動させたい場合、ブートオーダーでUSB起動にする必要があります。

B2がUSB Bootになっています。(現バージョン)

USB起動に変更しても、microSDカードだけで起動させれば、microSDカードから起動します。

ブートローダーのソフト(ROM)を更新するか、工場出荷時に戻すか選択できます。

通常は、sudo apt full-upgradeコマンドでアップデートできますから、主に戻す時に利用します。

A3〜A5は、あまり一般的ではありませんので、ここでは割愛します。

8 Update(アップデート)

項目の7が無くて8がUpdate。但し、このraspi-configツールのアップデートです。

9 About raspi-config(raspi-configについて)

このraspi-configツールの簡単な説明と、バージョンが分かります。

他の方法もある

ラズベリーパイの設定には、これらの3つ以外にターミナル画面で1つずつ設定することもできます。また、config.txtに記載して有効にする設定も可能です。

状況に合わせて使い分けましょう。

大抵は、初回セットアップウィザードとGUIのラズベリーパイの設定で事足ります。

以上、ラズベリーパイの設定でした。

冷えてカッコイイ! Raspberry Piのケース

\【最大60%OFF】 Kindle本 目標応援セール/
Amazonで詳しくみる
\【最大60%OFF】 Kindle本 目標応援セール/
Amazonで詳しくみる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。お願いいたします。

CAPTCHA

目次
トップへ
目次
閉じる