ラズパイ3B+ではじめるPiSTARTERは懐かしのBASIC言語

レビュー

前回、お伝えした通り「PiSTARTER」がお求めになりやすい価格に改定されて販売しています。既にNintendo Switch用プログラミングソフト「プチコン4 SmileBASIC」などでもお馴染みのプログラミングツールです。PiSTARTERという名前の通り、Raspberry Pi に最適化されています。

SmileBASIC入りパッケージソフト「PiSTARTER」が価格改定版

価格改定を機に、懐かしのBASIC言語でに触れたくて購入しました。初回の立ち上げや印象をお伝えします。

microSDカードに入っている

Tsukumoの専用サイトから購入すると、アクティベーションコードが付いた台紙にmicroSDカードが入っていました。

本体価格+税+送料で3,850円で購入しました。

https://shop.tsukumo.co.jp/goods/4943508090844/

現在ではアクティベーションコードがその場で発行され、イメージファイルをダウンロードするようなソフトウェアも多い中、より一層初心者へ配慮された形で販売されています。

microSDカードの分だけ販売価格が・・・ゴニョゴニョ・・・ということもありますけど、用意したRaspberry Pi へ差してスグに使える点は面倒が無いので嬉しい人も多いと思います。

実際にBASIC言語に触れた人も対象となると、想い出価格も乗せられているような気がします!良い意味ですよ。

使い勝手の完成度は高いと感じましたので、特に高価とは思いません。

初回起動時に、ここに印刷されているアクティベーションコードを入力します。

初回起動とセットアップ

PiSTARTERはRaspberry Pi 3B、または3B+で動作保証されています。今回、3B+で試してみます。

ケースはオフィシャルの派手なケースです。暑いので上蓋は開けています。

これにマウスとキーボードを繋いでトライです。

最初に更新プログラムが自動的に動きました。親切です。

起動すると以下のように、使用許諾を促され、その後にアクティベーションコードを入力します。
これらは初回だけです。

キーボードの上下キー、決定がENTERキーで可能です。

続いて無線LANの設定となります。自動で検索してみましたがきちんと表示され、パスワードを入れて接続が完了しました。

直後にアクティベーションコードを入力待ちになります。

大文字を区別するようなので、印刷された通りにハイフンも入れて入力し、最後にENTERキーで決定です。

あっ、今では当たり前ですが、決定がENTERキーというのは、個人的にはBASIC言語で一番の想い出です。ENTERキーは当時、リターンキーと表示されていて、実行キーなんても言われていましたね。

DOS/V互換機からENTERキーだったように記憶しています。

メインメニュー

メインメニュー画面

この画面がメインメニューです。マウスの操作でも可能です。

基本はど真ん中の「プログラムを書く」を使うことになります。オプションは一度見ておいた方がいいでしょう。キーボードの種類を選べます。USB接続なので自動的に選ばれていると思います。無線LANの設定が初回起動で出来なかった場合、ここから設定することになりますね。

サンプルプログラム

シューティングゲームと書いてあるのは、サンプルプログラムのようですね。ただ、完成度はスゴイ! 思わず楽しんでしまいました。

かなり本格的で、smaileBASICの実行速度を体験できます。スプライトの参考にもなりますね。当たり判定は意外と緩いのかな?

サンプルプログラムのようです。

自機の弾が連射で多いので、とても爽快にプレイできます。

ゲームパッドを繋いでもオプションで設定できますが、キーボード操作でも快適にプレイできました。上下キーで移動、スペースキーを押しっぱなしで連射の弾が撃てます。

上下にも動けると気が付くのがしばらく経ってからだった・・・。

PiSTARTERでは、こんなゲームも作れるポテンシャルを秘めています。

\ Raspberry Pi 4はメモリー8GBが最新 /

【セット概要】「データーベース」「Webサーバー」「NAS」「AI処理」「4K画像での2画面処理」などの高負荷がかかる処理を、長時間稼働させるのに必要な負荷テスト行い、当社で厳選した高品質なパーツを組み合わせたセットです。高品質なAnker製USB電源の採用、トラブルの原因になりやすい電源周りをデジタルモニターリングできるをType-Cケーブル、Raspberry財団認定モデル 高速タイプ 100MB/sec 128GB MicroSD、静音FANによる強制冷却など、高負荷運用でも長期に渡る安定稼働が可能です。また単品でご購入いただくよりお得です。

プログラムを書く

目的であるプログラミングは、リファレンスガイトが公開されていますので、それを片手に書いていけます。

コマンドはインクリメンタルサーチで入力が可能です。当然、昔のBASIC言語ではなかった機能ですから、現在では当たり前とはいえ、なんとなく「スゲえ」と思ってしまった・・・。

インクリメンタルサーチが可能

フォントが古めかしくて乙です。

矢印キー下で8個以上はスクロールしますよ。

これなら現代の開発と変わらない快適さがあるかも知れません。

キーアサインなども別窓で出せたりしてよく考えられていますね。

まだ使い込んでいないので、スクリーンショットを取ったらどこに保存され、どうアクセスするのか分かりません。メニューにあるファイル機能からできるのでしょうか? SSH接続なら楽ですけどね。

このプログラムを書くことがメインの機能となりますので、本当によく考えられているなと感じます。初心者こそBASIC言語はオススメなので、機能は多くあった方が良いです。

microSDカードのバックアップ

PiSTARTERはmicroSDカードで販売されています。PiSTARTERのフォーラムにも案内があるように、不慮の事故に備え、最初にバックアップを取っておくことをオススメします。

Windows

Windowsなら、フリーソフトの「Win32DiskImager」が良いでしょう。

ダウンロード先https://sourceforge.net/projects/win32diskimager/files/Archive/

macOS

macOSなら、ddコマンドで行えます。

先にmicroSDカードの場所を確認します。

diskutil list

diskutil listで確認すると、私の場合、microSDカードは/dev/disk2にマウントされていることが分かります。

ddコマンドで指定

sudo dd if=/dev/disk2 of=~/PiSTARTER.img

Ctrl + T を押して進捗状況を表示させておくことができます。

PiSTARTERのmicroSDカードは8GBの容量でした。それなりに時間がかかります。約21分でした。

7948206080 bytes transferred in 1257.852730 secs (6318869 bytes/sec)

最初の練習に最適

公式フォーラムからリンクされたPDF資料がありました。Pi STARTERを使ったプログラミングワークショップのテキストです。これをお手本に始めてみると分かり易いと思いました。

https://app.smileboom.com/pistarter/wiki/doku.php?id=supplements:top

この中にある線や円を描くプログラミングで、なんだか懐かしい想い出が甦ってきました。そうそう!確か最初は三角形を描いたり、色を塗ったり、音を出したり、そういう基本的なコードで一喜一憂していたような気がします。

ここに書かれているコードを元に、自分で色々と変更を加えていけば、それなりに基本は習得できるのではないでしょうか。

これとは別に「ALL ABOUT Pi STARTER」という書籍が販売されています。これがマニュアルみたいな印象ですね。

本プログラムとしてmicroSDカードしか入っていませんので、初めての人には必要な書籍でしょう。合わせて考えると、5,000円を超えてしまいます。BASIC言語を昔に扱ったことがある人も手元にあると便利です。

BASIC言語はプログラミング初心者こそ

私自身、プログラミングをやりたくて当時マイコンを購入した一人です。しかし、技術系には全く縁の無い人生でしたが、当時のBASIC言語をそれなりに扱った経験から、コンピューターには疎くなりませんでした。

無からはコードを書けませんが読み取ることはできるので、これまでもいくつかの場面で助かってきました。非常に単純なコードで素直に書けるBASIC言語はオススメです。

動作保証がRaspberry Pi 3B/3B+というところもコスパも良くてオススメできる点です。本体基板なら5,000円で手に入れられます。PiSTARTERと書籍を合わせても1万円。ケースは1,000円からありますし、マウスやキーボードは流用出来る点を思えば、最初のプログラミング学習には安価に楽しく学べます。

Raspberry Pi 3 Model B+  ※RaspbianOSは2018-03-13以降のバージョンが対応。Raspberry Pi 3 Model B用ケース(Clear)、ゴム足+ネジセット

しかし、このsmaileBASIC言語は初心者用ではあるけど、出来ることが昔のBASICよりも遥かに優れているので、子供や初心者というよりも、郷愁に駆られたオッサンホイホイにしか思えませんねー。

いや、いいんですけどね、簡単に捕らえられてしまうくらいの魅力があると思いました。
世のオッサン諸君には、是非何十年振りかでトライしてみてください!

お子さんと一緒なら尚、楽しめるツールでしょう。PiSTARTERはしばらく扱ってまたご紹介します。

関連リンク

PiSTARTERのフォーラム:https://app.smileboom.com/pistarter/forum/index.php
リファレンスマニュアル:https://app.smileboom.com/pistarter/wiki/doku.php?id=reference:top
smailbasic公式:http://smilebasic.com/pistarter/
開発会社公式:https://smileboom.com

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. OMV5のアップデートエラー回避

  2. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  3. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  4. 【海外】プライステーション2の中にラズパイ4を組み込んで多目的マシン

  5. openSUSEがRaspberry Pi 4と400、Compute Module 4をサポート(まだバグあり)

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. 期待が高まるWindowsに似ている新しいLinuxのフレーバー「Endless OS」がRaspberry Pi 4用に登場予定

  2. TwisterOSで懐かしのWindows、最新macOSの見た目でラズパイを使う

  3. ラズパイで実用的な物を作るなら特化したOSから始めてみよう

  4. 非公式のLinuxディストリビューション〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  5. ラズパイ(Raspberry Pi)を使ってできるメディアセンター3選

  6. Raspberry Pi とLibreELEC9.0で作るAmazonプライム・ビデオプレイヤー

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

  9. 9

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  10. 10

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

記事ランキングページ

TOP